Green leaves

  三葉(みつば) Official Blog
  『オンナノコになりたい!』『30歳の保健体育』『身体も心もボクのもの』など
【告知】『身体も心もボクのもの はじめてのSMガイド2』11月27日発売
0
    『身体も心もボクのもの はじめてのSMガイド』の続編、『身体も心もボクのもの はじめてのSMガイド2』を制作しました。



    今作では、SMパートナーの見つけ方やプレイに持ち込むための交渉方法、多彩なSMプレイの紹介と解説に力点を置きました。
    前作ではスタンダードなプレイ手法を主に解説しましたので、今作と合わせれば、より実践的でリアルなSMの世界を体験できるはずです。

    実際に相手を見つけて楽しむもよし、資料として使うもよし、謎の多いSMの理解が本書によって進めば嬉しい限りです。



    発売日は11月27日です。
    よろしくお願いします!
    | - | 22:24 | - | - |
    【告知】『練習彼女。』11月8日発売
    0
       

      『練習彼女。』を制作しました。
      キャバクラやメイド喫茶のような女の子と喋るだけのお店から、ソープやヘルスなどの触れ合いを楽しめるお店まで、「女の子と触れ合えるお店」の利用方法を一冊にまとめました。

      正直、風俗や飲み屋さんって、料金体系が良く分からないし、何が中で行われているのか分かりにくいと思うんですよね。
      それに、女の子が居るお店って、何となく、ダークというか、怖い印象もありますし。
      ということで、そのあたりを丁寧に解説しました。
      ほら、某氏も「ソープに行け!」って言ってましたし、お店で女の人とキャッキャウフフするのも悪くないと思うんです。

      発売日は11月8日です。
      よろしくお願いします!

      ちなみに、本書で取り上げている主なサービスは以下の通りです。
      ・美容院
      ・メイド喫茶、アイドルカフェ
      ・ガールズバー、ガールズ居酒屋
      ・キャバクラ
      ・デートサービス、デートクラブ
      ・出会いカフェ
      ・耳かき屋さん、風俗系耳かき店
      ・添い寝サービス、風俗系添い寝サービス
      ・リフレ、回春マッサージ
      ・セクキャバ、ランジェリーパブ
      ・ピンサロ、手コキ風俗
      ・ヘルス、外国人ヘルス
      ・イメクラ、オナクラ
      ・ソープランド、ちょんの間
      ・SMクラブ
      ・ハプニングバー

      | - | 22:59 | - | - |
      C84 日曜Q-31a コミケで出す本
      0
        コミケに参加します。
        日曜Q-31です。

        今回は、女性向け(という体)の「ナンパの断り方」の本『ナンパお断りマニュアル 〜イベント編』と、女装のメイク方法を解説した本『乙女回路研究所(仮) 〜メイクを主に編〜』を配布する予定(どちらもコピー誌)です。
        ナンパ本に関しては、どこを狙ったものなのか、何需要なのか、自分でもよく分かりませんが、気になった方がいらっしゃればよろしくお願いします。
        また、メイク本については、『オンナノコになりたい!』が発売されるずっと昔に同人で出した冊子を手直ししたものです。
        良かったら遊びに来てください。




        | - | 20:02 | - | - |
        【告知】『30歳の保健体育 恋のみつけかた編』7月24日発売
        0


          『30歳の保健体育』シリーズ、『30歳の保健体育 恋のみつけかた編』を制作しました。
          早いもので『30歳の保健体育』もこれで5冊目となりました。
          発売日は7月24日です。
          よろしくお願いします!

          今回は「出会いの方法」にフォーカスした一冊です。
          受け身の出会い、自分からの出会い、その両方を様々な面から検討しつつ、実践的な一冊に仕上げました。
          特に、「ネットを通じた出会いの項目」は力を入れたポイントなので、ネットで出会って恋人を作ろうと考える方にも最適な一冊です。

          驚愕の事実!!
          空から恋人が降ってくることはない!
          画面から出てくることもない!

          | - | 17:21 | - | - |
          【告知】ラノベ『女子率の高すぎる水泳部で色仕掛けに負けた俺』7月20日発売
          0


            ラノベを制作しました。
            タイトルは『女子率の高すぎる水泳部で色仕掛けに負けた俺』
            発売日は7月20日です。
            よろしくお願いします!
            ちなみに、ゲーマーズさんで購入すると、ブロマイドが貰えるみたいです。
            http://www.anibro.jp/tokuten/book_1307.html#no2008

            夏なのでプール、水着、おっぱい!おっぱい!って感じのストーリーです。
            メートル級おっぱいのヒロインと主人公が中心にお話が展開しますが、エセ関西弁の子とか、お嬢様とか、憧れの先輩とか、入り乱れちゃって、タイトル通りの「色仕掛け」がゴタゴタ始まります。

            これだけだと良く分からないですね……。
            というわけで、以下があらすじです。
            それでは、興味を持って頂けたら幸いです!

            「コロっと色仕掛けに騙されるのが悪いんじゃないの?」

            幼稚園から中学まで男子校漬けで幼なじみの瑞浪葉月以外の女子への免疫がない俺は、『女子と近づく』という夢を胸に高校へ進学した。
            それも、元女子校で今年晴れて共学化された私立喜多学園へだ。

            そんな俺が入学式で一目惚れした水泳部の瀬戸奏先輩が、部室で着替えているところを目撃する。
            早速やってきたこのチャンスを逃すまいと、なぜかその場に置いてあった双眼鏡で食い入るように。

            ――瞬間、憧れていた奏先輩と目が合う。え、嘘だろ?

            すぐにやってきた水泳部の先輩たちに連行され、奏先輩がいる水泳部へ。
            すると、先輩たちがスカートをたくし上げだし、容赦ないパンツ祭りが始まった!!

            ど、どうなってんだ、これ!?

            | - | 15:23 | - | - |
            ピンボール
            0
              最近はピンボール台を置いているゲームセンターが非常に少ない気がします。
              基盤を取り替えたり差し替えるだけで修理や変更がきくという筐体全盛の時代に、アナログで修理に職人さんが必要なピンボールの数が減るのは仕方ないような。

              ギズモードでフルデジタルのピンボールが紹介されてたけど、何か違う気がする。
              自分はランプがピコピコ光って本物の玉が勢いよく転がるピンボールが好き。
              といっても気持ちよく遊べる台は本当に少ない。

              別の機種からフリッパーを片側だけ移植して長さが変わっていたり、バンパーの調子が悪くて跳ねなかったり。
              たまにゲームセンターで見かけてプレイしても、そんなのばかり。

              某所のはティルトセンサー(台を揺らすとゲームオーバーになる機能)が甘くて揺らし放題。
              当然、レコードスコアはかなりの高得点。

              某所のはフリッパーが短すぎて玉がすぐセンターに入ってゲームオーバー。
              ティルトセンサー厳しめ。

              機能が完全で、台自体も面白いのが置いてある場所って無いんだよなぁ。



              神田にあったリーサルウェポン3は結構良い感じでした。
              といっても最高スコアの1/10くらいしか出なかったけど。

              | - | 07:33 | - | - |
              e-kairoL
              0
                先日、電気式のカイロ、e-kairoLを頂きました。
                満充電状態でカイロとしては3時間くらい少し暖かいかなというくらいバッテリーが持ちます。



                ですが自分はカイロ機能をほとんど使わず、USBでスマホやwifiルーターを充電させる機能ばかり使っています。
                スマホなら大体8割くらい充電できるので、予備バッテリーみたいな感じで持ち歩き。
                重くないですし、場所も取らないので結構気に入っています。

                http://www.elaice.jp/category/products/hotitem
                エレス(発売元)
                | - | 23:17 | - | - |
                エロポンーSMフィギュア
                0
                  秋葉原でふと入ったレンタルショーケースで懐かしいものを発見しました。
                  エロポンというSMがテーマのカプセルトイ(アダルト向け)。



                  7年くらい前にタモリ倶楽部で紹介されているのを見て、何時か手に入れたいと思いつつ結局タイミングが合わずに買えず終いでした。
                  特に欲しかったのは後ろに写っているオッサンのフィギュア。

                  このフィギュアシリーズの女の人は絵の題材として縛られているんです。
                  なのでその様子を描く人が居るという訳。
                  この暗い感じ、素晴らしいですね。
                  いやぁ団鬼六さんの世界。



                  適当なフィギュアとか置物の前にこのオッサンを置いておけば急に芸術的な感じに。
                  汎用性が高そうなフィギュアだと思います。

                  調べたらエロポンシリーズは結構出ているようで、生産は終了しているみたいですがオークションなんかに出ているみたいです。

                  団鬼六さんで思い出しましたが、最近のSMはこういった暗いイメージのものと、明るく健全で「こわくないよ!」のSMの2種類に分かれていると思います。
                  どちらが良い悪いではなく、文学的・芸術的に評価されるのは大抵前者。

                  団鬼六さんの撒いた種はアーキタイプに育ってしまった。

                  僕が初めて読んだ団鬼六さんの本は『女学生』。
                  中高生時代の話。
                  見事に種を植え付けられてしまった。

                  ツイッターを始めてしばらくしたある日、ダイレクトメッセージが着ました。
                  送り主は団鬼六さんでした。
                  関西弁で書かれた文面、見た瞬間背中に鳥肌が立ってうろたえたのをよく覚えています。

                  それから10日くらい経って、団さんは亡くなりました。
                  伺いたいことは沢山あった。
                  トロトロ返事を書いていた自分を過去に戻って殴りたい。

                  あれ、何か話が暗くなってる。
                  | - | 18:12 | - | - |
                  LEDライト(9V)
                  0
                    秋葉原をウロついていたら、三月兎さんで画像のLEDライトを見つけました。



                    四角い9Vの電池(舐めると舌先が痛くなるやつ)に直挿しするタイプで、さすが9Vだけあってめちゃくちゃ明るいです。
                    正視できないレベルです。

                    非常に小さく軽いので、カバンの中に入れておくには良いと思います。
                    電池付きで400円だったので、2つ買えばよかったかな。

                    しかし9Vの電池って最近あまり見かけない気がします。
                    少し前まで、ラジコンのプロポといえばコレだったような。


                    | - | 20:48 | - | - |
                    新宿秘宝館
                    0
                      インフルで寝込んだいた分の録画を消化しました。
                      はがないのゲロシーン、ああいうの好きです。

                      さて、インフル前に新宿秘宝館と言う展示会に行きました。
                      ギャラリー新宿座で行われていた、写真家の都築響一さんが個人的に所有している秘宝館用のロウ人形の展示会。
                      すべて数年前に廃業した鳥羽国際秘宝館という実在の悲報館にあった人形たちだけあって、本物の雰囲気が素晴らしかったです。



                      もちろんエロ関連の展示物なのですが、見ているとイヤらしさよりも先にドロドロしたキッチュさみたいな感覚が湧いて不思議と真剣にかつ正気で見られました。



                      ちなみに展示にはストーリー付けがされていました。
                      「宇宙人に侵略された地球人が繁殖のための生殖を強制させられる」みたいな感じのストーリー。



                      会場のBGMは、いかにも昭和って感じのSF風シンセサイザー音楽と、エンドレスに続く女性の喘ぎ声。
                      しばらく見ていたら酔ったように少し眩暈がしてきたので帰りました。
                      僕には少し刺激が強すぎたのかも知れません。

                      しかし貴重なモノを見れて良かったです。
                      | - | 09:49 | - | - |